毛穴の数は変わらない&髪の本数は見た目に直結しない。

毛穴ってありますよね。
名前のまんまで毛が生えてくる穴です。

この毛穴の数っていうのは増えないです。

もっというと生れる前から決まっているというか妊娠六か月目の時点で出来上がってるみたいです。

それなのに髪の本数は人によってかなり差があります。
成人した日本人の髪の本数は平均で10万本と言われていて、多い人で13万本少ない人で7万本とかなりの差があるのが現実です。

これはなぜなのかというと毛穴から生えてくる髪の本数の違いです。
一つの毛穴から1本生える人もいれば3本生える人がいます。

そして見た目に限って言えば髪の太さや柔らかさ、艶やコシによって髪の多さが違って見えます。
個人的にこれを知ったときはめちゃ衝撃でしたね。
というのも以前美容室に行ったんですよ。
ただ学校とかで周りの人と比べてみると明らかに俺髪すくねーじゃんっと思ってた時期があったんですよね。
でもどうやらそれは錯覚だったようです。
美容師さんが僕の髪を触ってるときに言った衝撃的な一言

「ハルさん、めっちゃ髪多いっすね!」

え、マジ?
俺一年前まで髪抜いてた人間だよ?
ぜってー嘘だろ。。

で聞いちゃいましたよ。

「ほんとですか?嘘ついてません?」

「いや本当ですって!
ただ髪質的に柔らかくて細いから見た感じだと多くは見えないかもだけど触ってみるとめっちゃボリューミーよ笑」

なるほどなと思いましたね。
その日家に帰って色々調べみるとどうやらこれは正しいようです。
疑ってごめんよ笑
結局その日は施術中に髪すかれましたからね笑
でなんか知らないけど結果的にはポジティブになりました笑

以上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です