頭皮の色大丈夫ですか…?

突然なんですけど、自分の頭皮の色って気にしたことがありますか?

え、ないよ?てか、そもそも見えなくね?
こんな声が飛んできそうですし僕も昔はそうでした。
でも意外と気にしたほうがよくて、頭皮は頭皮で目に見える形でSOS出してるんですよね。
ではそれはどういう時か見ていきましょう。

頭皮が赤くなっていたらそれは薄毛のサイン!

結論から言うと、頭皮が赤くなってたら割とまずい状況です。

そもそも人間の頭皮の色は正常な状態であれば、肌色か青色っぽい白です。
青っぽくなるという理由は頭皮一面に毛細血管が張り巡らされていてそれが皮膚を通してみると反射して青っぽく見えるんです。

では赤く見える人はなぜでしょうか?
代表的な原因は皮膚のトラブルで、湿疹やニキビなどです。

湿疹やニキビは洗浄力が強いシャンプーによる洗いすぎの肌荒れや乾燥、逆に洗わな過ぎて頭皮が不潔の状態になってたり、長時間紫外線に当たっているのが原因で引き起こされます。

また見落としがちなのが血行不良です。
本来健康な頭皮はスムーズに血が流れるんですけど、思ったように流れず一点に血液が溜まってる状態のときに赤く見えることあります。
大抵はストレスや疲労などが原因なんですがもしかしたら血糖値が高い可能性ありです。
血糖値が高くなると血液の粘度が増してしまい血液が流れずらくなります。
糖尿病の人に薄毛が多いのも実はこれが密接に関係しています。

今すぐ食生活の改善や頭皮マッサージを!

ニキビや湿疹が出来てると当然その部分からは毛が生えませんし、血液が頭皮中に流れないと健康な髪の毛は育ちません。
改善するには生活リズムや食生活の改善が必要です。
詳しくは、メルマガの方で配信しているので興味があったら登録してみてください!

健康な頭皮で健康な髪を手に入れましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です