雨で濡れた髪はどうするべきか

まぁ大前提なんですど雨には濡れないでください!
酸性雨で髪にとって良くないですし風邪ひきますしね(笑)
天気予報を常に見る習慣をつけ、毎日折り畳み傘でいいんで携帯しましょう。

ではもし万が一に髪が濡れてしまったらどうすればいいんでしょうか?
放置?ドライヤーで乾かす?タオルで乾かす?

雨が与える髪へのダメージ

雨に濡れた髪には、細かいホコリや排気ガスなどのさまざまな有害物質が含まれているのが現実。
当たろ前ですが、そういった状態のままにしておくことは頭皮環境においてもよくありません。非常にまずい状況です。
濡れてしまった髪は、髪を覆っているキューティクルが開かれ、それが理由で外部からのダメージをうけやすく、頭皮に悪影響を与えてしまう恐れがあります。
また、雑菌が繁殖することで、臭いや頭皮トラブルを引き起こす原因にもなるので注意する必要があります。
さらには、雨に濡れた頭皮は体温が下がり、血行を悪くしてしまう恐れがあります。
そうすることで栄養が十分に届かず、髪も育ちにくくなってしまう可能性があります。
こういった髪への影響を防ぐためにも、雨にあたってしまったら、しっかりとしたケアをしていくことがポイントです。
濡れたまま放置とか自然乾燥とか論外です(笑)

ケア方法

1・髪を乾かす

濡れたまま放置された髪の毛は傷みやすく、頭皮などは雑菌が繁殖しやすくなっています。
お風呂上がりも同様ですけど濡れた状態のままにせず、ドライヤーやタオルなどでしっかりと乾かしてください。
タオルでゴシゴシ拭いてしまうと髪を傷めてしまうのでドライヤーを使用することをおすすめします。
ドライヤーを動かしながら、髪の根本から徐々に毛先を乾かしていくと髪の毛の傷みを最小限に抑えられるのでぜひ試してみてください。

洗髪は念入りかつ慎重に!

雨に濡れた日の洗髪はいつもよりも丁寧にしっかりと行うようにしてください。
雨にはホコリや有害物質などの目に見えない多くのゴミが含まれてしまっています。
それらのゴミが頭皮に付着してしまっている可能性もあるので、シャンプーをつける前にシャワーですみずみまで汚れを洗い流すしてください。
シャンプーをつけたら、根本から泡立てながら念入りに洗うことを心がけましょう。

 

雨に濡れてしまったら髪をそのまま放置せずに、なるべく早めに乾かすこと、お風呂のときの洗髪は念入りに行うことを習慣にしていきましょう!
そもそも傘ちゃんとを持ち歩きましょう(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です