抜いてたピーク時、精神科に通ってた話

今日は中一の時に僕が精神科に通ってた時の話です。
中一と言ったら僕が一番抜毛症がひどかった時期です。
家族も見てられなくなったらしく強制的に近所の精神科に連行されました(笑)

別に何か特別なことを話すわけじゃないんですよ。
治し方を教えてくれるわけじゃないし、ストレスを解消してくれるわけじゃない。
なんか、最近の悩みとか世間話を話すだけです。

ただメリットとしては薬を出してくれます。
何て名前だったか忘れちゃって具体的には言えないんですが、さらさらした粉の薬でした。
なんか飲むと抜くのがめんどくせーってなるんです(笑)
こればっかりは不思議でしたね。
ただ、薬に依存しちゃうのも良くないんで一概にいいとは言えないんですけどね。

後は、これはどの病院でもそうですが帰り際に次回来る日を予約しますよね。
つまり、定期的に何回も会うんです。
そうすると親以外にも見守られてるわけで何となく抜いちゃまずいなって心理に少しはなります。
せっかく笑顔で対応してくれてるんだから期待に応えないと!次会う時には少しでも生やさないと!
いい意味での緊張感があります。

まぁてなかんじで僕はそんなに大したメリットは感じませんでしたね。
通院するのに時間もお金もかかるし完治する見込みはない。
僕も親も次第にそう思っていたため次第に病院には行かなくなりました。
確かに安心感はすごいんですよ。
お金払ってプロと話すわけですから。
でも治らないなら意味はありません。

もちろん全国の精神科を否定するつもりはないですし、大きな恩恵を受ける人もいると思います。
ただ僕には合わなかったってだけです。

病院に依存するのも決していいことではありませんし自分で解決できるならそれでいいと僕は思っています。
そんな人が増えればいいなと思ってこのブログを書いてます。

2 件のコメント

  • 私は中2なんですが、一ヶ月くらい前から少しずつ髪を抜くようになってしまい、今では酷くて1日に150本くらい抜いてしまいます。
    学校の先生や親からも言われたりして、余計むしゃくしゃして抜いてしまいます。
    我慢しようとしても、なかなかできません。
    抜毛症はどれくらいで治りましたか?

    • 僕は小5から中2まで抜毛症でした。
      ただ治し方や治った後の髪の生やし方を自分で研究したりしてたので、本気で抜かないように努力したのは中1の7月頃からから中2の6月頃ですね。

      yukiさんは一ヶ月くらい前からということなので、早めに対策を打ちたいですね…
      僕も学校の先生や親に関しては当時すごく悩まされました…
      何か言われたとしてもそんなに真剣に受け止めなくてもいいと思います。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です