理想的な髪の乾かし方とドライヤーの使い方

皆さんってお風呂入って髪を洗った後、乾かしてますか?ドライヤー使ってますか?
僕も疲れてたりするとついつい気を抜いてしまうんですけどこういう小さなところから差がつくんですよね。

間違ったドライヤーの使い方をしていると、頭皮環境が悪くなり、薄毛になる可能性があるんですよ!

てなわけで僕なりに理想的な髪の乾かし方とドライヤーの使い方についてまとめるんで参考にしてみてください!

・そもそもドライヤーを使うのは大前提!

まず、薄毛予防のためにはお風呂上がりにドライヤーを使うのは大前提です。

男はめんどくさがってタオルで拭いただけでベッドにダイブする人も多いです(笑)

しかしそれではダメでタオルドライだけでは乾かし残しが起こったり、頭皮まで乾かしきれないんですよね。

乾かし残しがあると以下のようなデメリットがあります。

  • ①マラセチア菌というカビが過剰に繁殖する

濡れているところに菌が繁殖するのは、みなさんご存知ですよね。

頭皮も同じで、濡れていると菌が増えていきます。

菌が増えると、頭皮の環境が悪化。抜け毛が増えてきてしまいます。

  • ②髪のダメージが増える

髪の外側にはキューティクルという層があり、外のダメージから髪を保護しています。

キューティクルの記事は別の記事で書きたいと思ってるんですが、濡れていると開いてしまう特徴があるんですよね。

キューティクルの層が開き、隙間ができてしまいます。

こうなると、キューティクルの防御力が下がって、ダメージを受けやすくなるのです。

この状況をできるだけ早く解消するために、早めにしっかり乾かすことが重要になります!


以上でわかった通り、ずっと髪が濡れている状態はよくありません。

これが、ドライヤーを使うのが大前提とした理由です。

・ではドライヤーの間違った使い方は…?

ただドライヤーを使えばいいというわけでもないのも事実…
間違った使い方をしてると、髪が傷ついたり抜けたりしてしまいます。

間違ったドライヤー方法①頭皮まで乾かせていない

ドライヤーは髪だけ乾かせばいいわけではありません。

髪の毛だけ乾かして満足して、頭皮まで乾かさない方は要注意。

ドライヤーを使うときは頭皮も乾かすことが大事なんです。

さきほど説明した通り、頭皮が生乾きだと、カビや雑菌が繁殖してしまいます。

間違ったドライヤー方法②近づけ過ぎている/当てすぎている

ちゃんと頭皮まで乾かしているからといって、安心するのはまだ早いです。

実は、熱が強すぎたり、長く乾かしすぎるのもよくないのです。

熱の影響よって、髪は傷つき、頭皮は乾燥してしまいます。

特に頭皮の乾燥は、抜け毛に繋がるので要注意。

近づけすぎたり、同じ箇所にずっとドライヤーを当てないよう気をつましょう。

・正しいドライヤーの使い方

では正しくドライヤーを使うためのポイントを3つ紹介します!

ポイント①ドライヤー前にタオルで拭く

ドライヤー前に、まずはある程度の水分をタオルで拭き取ってしまいましょう。

これは、なるべくドライヤーを使う時間を短くして、なるべく熱のダメージを受けないようにするためでもあります。

タオルで拭くときには、髪同士を擦りつけないように優しく拭きましょう。

実は、濡れている髪はキューティクルが柔らかくなって傷つきやすくなっているんです。

ポイント②ドライヤーは根元から毛先にかけてあてる

髪を乾かす時は、頭皮まで乾かすことが大切です。

ドライヤーを使うときは髪の根元から順にあてていきましょう。
頭皮めがけて当てることで、頭皮がしっかり乾きます。

ただし、同じ箇所を集中してあてないように注意してください。

繰り返しになりますが、当てすぎると頭皮が乾燥して、薄毛につながりかねません。

髪にドライヤーを当てるときは頭を何周もするようにまんべんなくあてていくといいですよ!

ポイント③頭とドライヤーの距離は15〜20cm離す

頭とドライヤーの距離が近すぎると、熱が強すぎてよくありません。

頭皮が過剰に乾燥したり、髪の毛が熱でダメージを受けてしまいます。

ドライヤーを使うときは、だいたい20〜30cm程度離して使用しましょう。


いかがでしたか?
意識することが増えて大変だと思うんですけど、少しずつでいいんで今日から皆さんも意識してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です