髪が濡れたまま寝るのはマジヤバイ!

皆さん髪って洗ってますか?
まぁもちろん洗ってると思います。
大体一日に一回とか二日に一回とかの人が大半でしょう。

じゃあ質問を変えましょう。
皆さん、髪ってしっかり乾かしてますか?
こうなってくると話が違います。
僕の周りの人に聞いてみても女性はドライヤーでしっかり乾かさないのはあり得ないという人がほとんどですが、
男性は意外と「ドライヤーとか髪に悪そうだし何よりめんどくさい!自然乾燥で十分!濡れたまま寝てやるぜ!」っていう人が案外多いです。

最初に言っておきたいんですが髪を乾かさないのはマジヤバイです。
髪は育たないいし、抜け毛も増えます。そして様々な問題が起きます。
じゃあなぜなのかを書いていきます。

濡れたままの髪で起きる3つの問題

問題1:雑菌が繁殖し、ニオイのもとに

髪を濡れたままにすると、頭皮で雑菌が繁殖します。 頭皮にはもともと常在菌(細菌)が存在しています。常在菌はふだんはとくに悪さをするものではなく、むしろ頭皮に必要なものです。ですが、菌類は水分が多いと繁殖しやすい傾向があり、髪が濡れたままの状態の頭皮では常在菌や他の雑菌が異常繁殖します。 当然頭皮は不衛生な状態であり、炎症を起こしてフケやかゆみなどの頭皮トラブルが起きやすくなります。

問題2:体温を奪われ、体調を崩す原因に

髪が濡れたままで寝ると、気化熱によって体温を奪われます。 気化熱とは、液体が蒸発して気体になる時に消費される熱量のことです。液体が蒸発し、気体になるためには熱が必要です。この熱は液体が触れているものから吸収するため、髪の水分が気化する場合は触れている人間の体から体温を奪います。体温が下がり、身体が冷えると体調不良、風邪の原因になります。

問題3:髪の内側が傷つきやすくなる

ふだん、髪は表面層のキューティクルで保護されています。キューティクルは髪を覆うように閉じた状態でホコリや紫外線といった外的ダメージを防いでいますが、水分と高温があると開く性質があります。髪が濡れている開きっぱなしの状態になり、うまく保護できなくなります。 また、キューティクルは濡れて開いているとはがれやすい性質もあり、寝返り程度でも髪は大きなダメージを受けます。こうした髪へのダメージは枝毛や切れ毛が増える原因になります。 面倒くさがって髪を乾かさずに眠ると、髪のダメージだけでなく体調にも悪影響があります。とくに頭皮の炎症は薄毛(ハゲ)の要因にもつながるものですから、薄毛対策としても髪を乾かすことは重要です。

このブログ的には問題1と問題3が重要です。
僕も男だからよくわかるんですが確かに髪を乾かすのってめんどいです。
ですがさぼるとデメリットしかないんですよね。
ネットで検索しても髪を乾かさないデメリットの記事はたくさん出ますがメリットの記事は皆無です。
髪を乾かすに限ったことではありませんが、若い人は今からしっかり対策しておくことで将来禿げるのを防げます。

僕も今では髪を乾かすのが習慣になり濡れたまま寝るのはありえないという感覚に到達しました。
面倒な人は最初はタオルでふくところから始めてもいいと思います。
乾かす習慣がない方は今すぐ意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です