20歳の今、中学の卒業アルバムを見て思うこと【抜毛症の人必見】

タイトルからして読む気減ると思うんですけど今日はかなり大事です。
今現在、抜毛症で髪を抜いてる人向けの記事です。

皆さん、卒業アルバムってみますか?
まぁ多分たまに見る程度だと思うんですよね。
僕もそうで部屋の掃除をするときとかにたまたま見つけて開いて見るんだけどそれは思い出に浸るためじゃないんですよね。
過去の自分を見るためです。

「めっちゃ禿げてるやん(笑)」ってなるわけです。
特に一番抜いてた中学一年生の頃とかやばいです。

当時は禿げてるのもあって写真になるだけ写らないようにしてたんだけど全部かわすのは無理で少しは写ってるんですよね。
写真の自分は禿げてて自信のない顔をしていて一瞬へこむんですけど、同時にテンション上がります(笑)
それはなぜか?
今はふさふさだからです!
あの時とは比にならないというか今はぶっちゃけハゲてないし当時の写真を見せると人に驚かれる位です。
そんな経験があるので、今は間違っても抜かないです。
ストレスが溜まって抜きたくなることも0ではないです。
でももうハゲたくないし抜いても何にも意味がないことを身に染みて感じてます。
だからなるべく笑うようにしてるしストレスを発散する方法もたくさん持ってます。

何が言いたいかわかりますか。
今、抜毛症の人に向けて言いたいことが一つあります。

絶対抜くな!我慢しろ!耐えろ!

抜毛症は思春期に発症することが多いです。
その段階でやめることができれば成人するころには髪の本数もほぼほぼ元に戻ってます。
そしてなにより、一回抜くのを我慢して生え揃うと周りの反応も明らかに変わるため抜かなくなります。
マジです。

「そんな簡単に言うなよ!」
そう思う人もいるでしょう。
でも我慢です。
とにかく抜きそうになったら手をつねったり自分で自分を殴ってみてもいい。
そのくらいしないと治んないです。
治すのがいかに難しいか僕はわかっているつもりですし現在進行形で抜いてる人はよくわかってると思います。
そして治ると人生がどれだけ明るくなるかを知ってます。
だから伝えたいんです。
特になんで抜いてるか原因がわかんない人にはぜひやってもらいたいです。
マジで抜くな!いろんなものを失ってるんですよ。
禿げてることによってなりたい人と友達になれなかったりバイトに受からなかったり、とはっきり言ってメリット無いんですよ。
抜いた一瞬は気持ちいいでしょうが何にも解決してないですし、大事なのは原因を見つけ解決に向かうこと、ストレス発散の方法を増やすこと、意地でも抜かない、この三つです。

偉そうな口調で書きましたが許してください。
そうじゃなきゃ人間変わらないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です