【衝撃】卵は髪を強くする!【育毛・増毛】

皆さんは卵って好きですか?
僕はもう大好きです。
特に今ダイエット中なので、ゆで卵で腹を満たすことも多いです。
また母が作る卵焼きはもう絶品ですよ。

そんな卵なんですけど。
なんと卵には増毛効果があるらしいです。

まじかよ…
どういうことやねん…

てなわけで調べてみました!

そもそも卵は、ヒヨコが成長するために必要な栄養分をすべて取り合わせている、いわば「完全栄養食」です。
その為、たんぱく質やカルシウム、鉄分などビタミンC以外のほぼすべての栄養素が含まれています←有能すぎる(笑)

・卵には髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラルのセレニウム、硫黄、鉄分、亜鉛がふくまれているんですね。
またタンパク質を構成するアミノ酸の中でも、特に含硫アミノ酸と呼ばれる硫黄アミノ酸が髪には必要でそれも効率よく摂取することができます。
つまり髪の毛を作るのに不可欠な成分がバランよく含まれているという点でほかの食品よりも積極的に食べたほうがいいとされています。

・そして卵には髪の毛でなく皮膚を健康維持に必要とされている「ビチオン(ビタミンH)」が含まれています。
ビチオンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を清潔に保つビタミンB群にカテゴライズされるビタミンの一種です。
そんなビチオンは髪の毛の発育に関係しているので、ビチオンが不足していると、抜け毛やや白髪が増えるといわれています。
つまりたまごは抜け毛防止にもなるってことですね。
またビチオンは皮膚をきれいにしてくれるので、肌の輝きを重要視する女性にはぜひ卵を食べていただきたいですね。
男から見ても肌がつやつやしてる女性は魅力的ですからね(笑)

・ただし育毛という面では、卵は必ず日に通したほうがイイらしいです。
白身に含まれる「アビジン」ですが、生のアビジンは、ほかの物質と結合されると離れなくなるようです。
そうなってしまうと、黄身のビチオンと結合することによってビチオンの体内への吸収が阻害されてしまうんですね。
僕は卵かけご飯も大好きなんですが我慢して火を通すことにします!

・そして大量の生卵を食べると命の危険があるようです。
ビチオンは身体の中で、皮膚と非常に関わり深く、細胞の成長を助けるほかエネルギー代謝にも関わっている栄養素です。
欠乏すると、倦怠感や疲労感と皮膚や毛髪のトラブル等が起こり、最悪のお場合は命の危険があるそうです。
要は、アビジンが邪魔しちゃうらしいです。
チュニジアでは生卵を28個食べた男性が害の痛みを訴え、病院に搬送されたけど亡くなったという事件があったそうです。
映画「ロッキー」でも主人公は毎朝5、6個の生卵を飲んでますがあれ以上個数を増やすと危ないってことですね。
・一番いいのは「半熟の」目玉焼きやゆで卵らしいです。
「アビジン」が「熱に弱く」、「ビチオン」は「熱に耐性」があるそうです。
半熟の目玉焼きにすれば、腸でのビチオンの吸収が邪魔されることなく、欠乏症になるリスクを抑えられるので、白身が透明ではなく、白く火の通った状態で食べるのがオススメだそうです。

いかがでしたか?
普段何気なく食べている卵でしたが驚きの作用があるんですね。
もともと好きだったけどこれから卵を食べるときにテンション上がりそうですね(笑)


他にも髪にイイ食材があるかもなんで探してみます!

記事とは関係ないんですけど、最近やたら人生が楽しいです(笑)
私生活も楽しいはずなんですけど、タイミング的にブログを書き始めたことも大きいようです。
もっともっと見てくれる人を増やしたいので、これからもたくさん書いていきます。
皆さん、これからもどうかこのブログをよろしくお願いします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です